宅地造成規制法について

宅地造成等規制法について

宅地造成規制法は、宅地造成に伴い毛毛崩れや、土砂流出のおそれが著しい区域を宅地造成工事規制区域として指定し、この区域内で行われる宅地造成に関する工事等について、詐害防止のため必要な規制を行うことにより、市民の生命及び財産の保護を図り、公共福祉に寄与することを目的としています。

 

規制区域で宅地として使用するすべての土地と左図の造成工事をしようとするときは、事前に市長の許可が必要になります。